読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Asexuals - 1%のはなし

日本ではまだまだ異色なアセクシャル。もっと自然になったらいいなと思っています。 「本当の恋愛をまだ経験していないだけ」、「僕のこと好きじゃないからじゃない?」、「女の子は最初みんなそう言う、でも俺でできなかった子はいない!」…どの言葉もちょっと違うんです。アセクシャルはごくごく普通で、でも孤独です。人口の1%がアセクシャル、それが私です!

Asexualityを勉強中…②

しばし、まずはこの2冊から読み込みたいと思います♪

 

海外におると安く手に入っていいなぁとしみじみ…これで英語がサクサク読めれば問題ないのですが💦日本育ちがんばるべし!!

 f:id:Mike-momo:20170309070039j:plain

 

Asexualの発見は、1948年に遡るそう。性に関する調査の先駆け?ともされるKinsey Reportにて、Heterosexual/Homosexualのどちらにも当てはまらない人々がいることが分かり、X groupとだけしたそうです。

このXが、現在はAsexualと認識されるに至りました。

現代の研究は、Dr. Anthony Bogaert (アンソニー・ボガード博士、カナダのBrock University)によって明らかにされてきました。1990年代にイギリスで実施した調査結果から、成人人口の約1%がAsexualに該当すると分かりました。

Dr. Bogaertは、性に関心がないゆえでの無回答分を加味すると、実際には1%を上回るであろうとしています。

 

私の偏見で、学者!的な方を想像していたのですが、Dr. Bogaret、優しそうな方で(お若い!)温かみがありますね♪

 

 

References:

AsexualityArchive.com (2012) Asexuality: a brief introduction.