読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Asexuals - 1%のはなし

日本ではまだまだ異色なアセクシャル。もっと自然になったらいいなと思っています。 「本当の恋愛をまだ経験していないだけ」、「僕のこと好きじゃないからじゃない?」、「女の子は最初みんなそう言う、でも俺でできなかった子はいない!」…どの言葉もちょっと違うんです。アセクシャルはごくごく普通で、でも孤独です。人口の1%がアセクシャル、それが私です!

Asexualityを勉強中…①

エイセクシャル*(Asexual)は、性的魅了(Sexual Attraction)を経験しない人のことで、その人自身に自然に備わっているものです。

自分の意思で貫く禁欲主義(celibacy)とは違うものです。

また、性嫌悪障害や性的欲求低下障害とも異なります。これらは「性的欲求の相違」として、パートナーがある状況で問題となる場合が多く、区別がされています (Bogaert, 2004)。 

一方、Asexualはいわゆるマジョリティが持つ「性的欲求の欠如(Absence)」とされています。

ただし、セクシュアリティは多様なもの。。

好きという気持ち、魅力の感じ方、付き合い方、性的欲求の程度には幅広い個人差があります。

 

Asexualの研究は控えめに進められてきていて、近年、徐々にその存在が広く認識されつつあります。

 

*Asexualの英語発音:エイセクシャルに倣いました。日本では、アセクシャルなどが使われていて、私も馴染みがあるかな…

 

References:

The Asexual Visibility and Education Network (AVEN). 

 

Bogaert, A. (2004) The Journal of Sex Research. Prevalence and Associated Factors in a National Probability Sample. Vol. 41-3, pp. 279-287.